一輪奏

ichirinso.exblog.jp

ブログ移行中。

うまかがみ

 源平合戦の時代は騎射戦が戦いのメインだったことから、さまざまな馬が登場します。生食(いけずき)や木の下(このした)など、名馬を取り合って対立が起こることもありました。
 なかなかカッコいい名前の付いている馬も多いので、まとめて紹介してみようと思います。

 【黒毛】 くろげ

 →「黒き馬の太うたくましき」は名馬を表現する決まり文句。藤原信頼や平忠度や那須与一が乗っていたのがこれ。特に信頼の馬は、奥州の藤原基衡が贈った六部(ろくのへ)一の名馬だという。気性が荒く、信頼は乗りこなせなかった。

 磨墨(するすみ) 梶原景季が宇治川を渡ったときに乗っていた馬。生食に乗った佐々木高綱と先陣を争うも、水に押し流されてしまい一番乗りならず。名前の由来は読んで字のごとく、黒いから。

 井上黒/河越黒(いのうえぐろ/かわごえぐろ) 一の谷の合戦で平知盛が乗っていた馬。知盛が船に乗った後も付いて来ようとしてしばらく泳いでいたが、船に乗せるスペースがなかったので岸に追い返された。「源氏のものになる前に」と射殺そうとした部下を、「命を救ってくれた馬だ」と知盛が制している。信濃国井上の産なので井上黒と呼ばれていたが、一の谷で知盛が手放した後は源氏の河越小太郎が拾ったので河越黒と改名。

 薄墨(うすずみ) 平教経が一の谷から高砂(いずれも現在の兵庫県)の退却時に乗っていた馬。名前からするに、真っ黒ではなく薄い黒色ということか。

 大夫黒(たいふぐろ) 源義経の愛馬。鵯越を駆け下りたのもこの馬。佐藤嗣信が死んだときに、嗣信の遺体と一緒に僧にやった。名前の由来は、義経が一の谷後に五位尉(=大夫)に序せられた記念につけたもの。

 【栗毛】 くりげ

 →たてがみと尾が赤褐色で、地色が赤黒色のもの。

 生食(いけずき) 佐々木高綱が源頼朝からもらった馬。梶原景季には「盗んだ」と嘘をついた。これで増水した宇治川を渡りきり、梶原との先陣争いを制した。名前の由来は、誰彼構わず噛み付くから。色は黒栗毛。

 権太栗毛(ごんだくりげ) 熊谷直実が一の谷で乗っていた馬。

 【葦毛】 あしげ

 →白い毛に黒・濃褐色などが混じっているもの。「連銭葦毛」(れんぜんあしげ)は葦毛に灰色の丸い斑点が混じったもので、源為義、平維盛、平敦盛、越中次郎兵衛盛嗣など愛用者多数。

 鬼葦毛(おにあしげ) 源義仲が乗っていた馬。もちろん木曾産。最後は深田にはまる。

 煖廷(なんりょう) 白葦毛。巻四「競が事」で、木の下の報復に源氏の競(きおう)が平宗盛から騙し取った馬。「宗盛」という焼印を押された。「煖廷」は質の良い銀を指す語で、「南鐐」とも書く。毛並みが銀色に見えたものか。

 【月毛】 つきげ

 →クリーム色の毛。「鴾毛」とも書く。

 黄月毛(きつきげ) 平重盛が平治の乱で乗っていた。待賢門の戦いの後、二条堀川の戦いで鎌田正清に射られ、重盛は落馬してしまう(平治物語中巻「待賢門の軍 附けたり信頼落つる事」)。

 宿月毛(さびつきげ) 赤褐色を帯びた月毛のこと。平山季重の旗指が一の谷で乗っていた。

 西楼(せいろう) 熊谷直実の息子、小次郎が一の谷で乗っていた馬。白月毛だそう。名前の由来は…謎。

 夜目無月毛(よめなしつきげ) 平重衡の乳母子、後藤兵衛盛長が一の谷で乗っていた。重衡が秘蔵していた名馬だが、重衡の馬が射られてしまったので、夜目無月毛を取られることを恐れた盛長は一目散に逃げた。 名前の由来は…「夜に目が無い」んだから黒っぽいということか。


 【鹿毛】 かげ

 →鹿の毛のように茶褐色で、たてがみ・尾・四肢の下部が黒いもの。

 飛鹿毛(とびかげ) 平治物語上巻「六波羅より紀州へ早馬を立てらるゝ事」に登場する、平重盛秘蔵の馬。熊野から京へ戻る途中、和泉国の大鳥の宮に清盛が奉納した。平治物語は、清盛がこのとき「かひこぞよかへりはてなば飛びかけり育(はごく)みたてよ大鳥の神」という歌を詠んだと伝える。

 木の下(このした) 巻四「競が事」で、平宗盛と源仲綱が取り合った名馬。宗盛は最終的には木の下を入手したものの、仲綱が惜しんでなかなか渡そうとしなかったことに怒り、この馬の名前を「仲綱」にしてしていじめるという子供じみた仕返しに出る。

 童子鹿毛(どうじかげ) 一の谷で平重衡が乗っていた馬。逃げる途中で梶原景季に射られて走れなくなったため、重衡は捕虜に。なんで「童子」なんだろう。

 【川原毛】 かわらげ

 →薄茶色の馬。「瓦毛」とも。

 黄河原毛(きかわらげ) 平重盛が保元の乱で、熊谷直実の旗指が一の谷で乗っていた。


 【糟毛】 かすげ

 →灰色に白い毛の混じったもの。

 目糟毛(めかすげ) 平山季重が一の谷で乗っていた。

 ◇ ◇ ◇

 よく言われることですが、当時の馬は体高130~140cmくらいで、ポニーくらいの体格しかありませんでした。現代人が見慣れているサラブレッド(体高160~170cm)よりもかなり小さいのです。一方、当時の甲冑は重さ25~30kg。鞍などの馬具と人間を含めた総重量は90kgほどになったそうです。それで戦場を駆け回るのはかなりの負担で、気性が荒い馬でなければ務まらなかったとか。(2013年10月11日加筆修正)

参考文献:川合康「源平合戦の虚像を剥ぐ」(講談社学術文庫、2010年)49ページ「2 馬をめぐる諸問題」
[PR]
by stan-nak | 2013-10-11 20:05 | 「平家」雑想 | Comments(0)

ブログ移行中。


by stan-nak