一輪奏

ichirinso.exblog.jp

ブログ移行中。

5 吾身の栄花の事

 昇進にあずかったのは清盛一人に留まらず、平家一門の人々はみな高い官職に就きました。嫡男の重盛は左大将、次男の宗盛は中納言の右大将、三男の知盛は三位の中将、重盛の長男で清盛の嫡孫の維盛は四位の少将。彼らを含めた16人が公卿になり、30人以上が昇殿を許され、諸国の受領や衛門府、兵衛府などの官職を賜った者まで合わせると60人以上にのぼり、これ以上の繁栄はないかのように思われました。

 奈良時代、聖武天皇の治世の神亀5(728)年に「中衛の大将」が置かれ、平安時代初期の大同4(809)年に「中衛」が「近衛」と改められてから、左右の大将を兄弟が占めることはわずかに3、4回しかありませんでした。

 平安時代前期の文徳天皇の治世には藤原良房が右大臣兼左大将、良相が大納言兼右大将。2人は藤原冬嗣の息子でした。 朱雀天皇の治世には左大将に実頼、右大将に師輔。 後冷泉天皇の治世には左大将に教通、右大将に頼宗。 二条天皇の治世には左大将に基房、右大将に兼実。

 いずれも摂関家の子息たちであり、それ以外の家の者が左右大将になった例はなかったのです。

 このほか、清盛には8人の娘がいました。

 1人は花山院の左大臣、藤原兼雅と結婚。もともとは信西の息子の藤原成範(ふじわらの しげのり)と結婚する予定でしたが、成範が平治の乱で流刑に処されたため、兼雅と結婚することになったのでした。成範は通称を「桜町の中納言」といい、その由来は、吉野の桜を愛し、自邸の庭にも桜を植えたこと。桜は普通なら七日ほどで散るところを、これを惜しんだ成範が天照大神に桜が散らないように祈り、そのご利益か、桜は二十日間に渡って美しい花を咲かせたということです。

 2人目の徳子は天皇の后となり、皇子を生んだので院号を賜り、建礼門院と呼ばれました。

 3人目の盛子は六条の摂政、藤原基実と結婚し「白河殿」と呼ばれました。

 4人目は藤原基実の子の、普賢寺殿こと基通と結婚。

 5人目は冷泉の大納言、藤原隆房と結婚。

 6人目は七条の修理大夫、藤原信隆と結婚。

 7人目は安芸の厳島神社の内侍が産んだ娘で、後白河院の後宮へ。

 そして8人目は九条院の雑仕、常葉が産んだ廊の御方(ろうのおんかた)で、藤原兼雅に仕えました。

 日本の六十六ヶ国のうち、平家の領地は三十ヶ国あまりに及び、日本の半分以上が平家のものとなりました。きらびやかな服を身につけた人々が屋敷に住まい、屋敷の中は花が咲いたよう。平家の屋敷の前は人だかりができるほどのにぎわいを見せ、その繁栄ぶりは天皇や上皇をもしのぐほどになったのです。


 ◇ ◇ ◇

 清盛の息子たち・娘たちの紹介でした。

 宗盛は「次男」とありますが、本当は基盛が次男なので、宗盛は三男、知盛が四男です。基盛は平治の乱の時点までは生きていたことが「保元物語」「愚管抄」から確認できるのですが、この時点では死んでしまっているらしく、スルーされています。

 基通に嫁いだ娘の名前ですが、「尊卑分脈」には「寛子」とありますが、「完子」としているサイトもあり、いずれにしても読みは不明です。盛子・寛子・基実・基通は姻戚関係がごちゃごちゃしているのですが、基通の母は藤原忠隆の娘(藤原信頼の妹)であり、盛子ではありません。寛子は義兄の息子と結婚していることになります。
[PR]
by stan-nak | 2013-03-09 14:43 | 平家物語 巻一 | Comments(0)

ブログ移行中。


by stan-nak