「一輪奏」ご案内 / About

 ご訪問ありがとうございます。

 当ブログ「一輪奏」(いちりんそう)は、平家物語やその周辺の作品について解説したり突っ込みを入れたり想像を膨らませたりしながら好き勝手に語る、平家ファンのブログです。ちょっとだけ創作もやってます。

 歴史的事実についての記載はできるだけ調べたうえで書いていますが、まだまだ勉強不足の点も多いため、間違っている点もあるかと思います。学術的な調べ物・探し物のお役には立てない可能性が高いですが、その点はどうぞご容赦ください。 Natsu拝

 コメントは承認制です。スパムと思われるコメントは管理人判断で削除しております。メールでのご連絡は、stan-nak※excite.co.jp にお願いいたします(※をアットマークに変えてください)。

 旧サイト開設日:2001年10月16日
 当初はジオシティーズでしたが、その後FC2に引っ越し、2013年3月にブログ化しました。

Thank you for visiting my blog.
This blog is about:
-Tale of the Heike (Heike monogatari)
-Tale of Hogen (Hogen monogatari)
-Tale of Heiji (Heiji monogatari)
-Amakusaban Heike monogatari (a colloquial version of Tale of the Heike, published in Amakusa, Japan by Society of Jesus in 1592) and its author, a Jesuit brother Fucan (or Fucansai) Fabian* (1565-1621).

*Also known as Fukan Habian or Fukansai Habian.

Blogger: Natsu
Twitter account: @Heike_gatari
E-mail address: stan-nak[]excite.co.jp (Please replace [] with an at sign. E-mail messages in English are accepted, but simple English would be appreciated.)


web拍手 by FC2
[PR]
# by stan-nak | 2017-12-31 23:59 | ご案内 | Comments(0)

ハビアン逍遥(仮)18

 それから数日、ハビアンは清原家に通って必要な書物を選び、一部を写せば済む物はその場で書写した。マリアは例の手習いを教えるのに、日中は屋敷を空けることが多かった。つぼみだった山茶花はすっかり開いて、簡素な部屋をささやかに彩っていた。
仕事にも終わりが見えてきた十二月十日、ハビアンは切りの良いところで清原邸を出ることにした。マリアはまだ帰ってきていない。門口まで来たところで、山茶花の木がハビアンの目に入った。咲いている花もつぼみもたくさんある。例の床の間の山茶花をハビアンは思い出した。あれはそろそろ散り始めているかもしれない。
 ハビアンはその辺にいた侍女にはさみを貸してもらい、手の届くところにあるつぼみのついた枝を二、三本切った。
「白雪(はくせつ)大きに降(くだ)り、それを以て御色身の汚れを浄め、却ていつくしくなりたるものなり」
 今日を祝い日とする乙女(ビルゼン)、メリダのサンタ・オラリヤをたたえる一節が口にのぼった。ハビアンは風呂敷包みを開いて紙と筆を取り出し、まだ使っていない所を細くちぎって書きつけた。
〝サンタオラリヤの祝ひ日に 雪とのへ〟
「これを雪……マリア殿に。床の間の飾りにして下され」
 そう侍女に伝えて、ハビアンは屋敷を出た。あのつぼみは、数日後にまた白い花を咲かせる。あの人の前で。濁りのない、清く柔らかな白い花だ。雪という名を望む、けがれのない女人に似合っていると思った。
 帰り道、ハビアンはふと市に立ち寄ってみた。もう十七年前になる。ちょうど今のような薄暮のころ、ロレンソ了斎は市で琵琶を弾き、サンタ・オラリヤの聖人伝を語っていた。ハビアンが初めて見たイエズス会士だった。あのとき、ハビアンはまだ十八歳。その後、ハビアンもイエズス会に入会し、ロレンソは天に帰った。聖女オラリヤの伝承は、後に編まれた「サントスの御作業」の中でも、ひときわ深くハビアンの心に刻まれている。
 特に目当てもなく市を冷やかしていたハビアンの耳に、かすかな琵琶の音が聞こえた。その残響に重なる法師の声。音のする方に目をやると、四つ辻に小さな人だかりができていた。
 ハビアンは足を速めた。が、近づいてみると、大した腕前でもないことが分かった。ハビアンは人をかき分けることなく、遠巻きに眺めながら平家語りを聞いた。
——ただならずなりたることをも、日ごろは隠して言わざりしかども、あまりに心深う思はれじとて、……
 聞いているうちに、「小宰相」の段だと分かった。ハビアンの平家にもこの段は入っている。夫の平通盛を一の谷の合戦で亡くした小宰相は、腹に宿した子と共に海に身を投げる。その心境を乳母に語る場面だろう。

[PR]
# by stan-nak | 2017-07-01 21:54 | 小説「ハビアン逍遥」(仮) | Comments(0)

ハビアン逍遥(仮)17

「明日は晴れるな。また仕事を頑張らなきゃ」
「尊敬します」
 ハビアンがぽつりと言った。自然と口をついて出た言葉だった。バレトの顔がこちらを向く。
「え?」
「いつも前向きでいらっしゃるので。私は何かと悪い方へ考えがちですから、見習わなければと思っています」
「熱でもあるんじゃないのか。僕へのあふれる敬慕の念を素直に口に出すなんてさ」
「いえ。割と本気です」
「……そりゃどうも」
 周囲は不思議と静まり返っていた。眠る庭木の葉を風が揺らすことすらない。
「この国までたどり着けない者だっていっぱいいるんだ。たどり着けた者は、彼らの分まで働かなきゃいけないだろ」
 バレトのその言葉は、口ではなく心臓が語っているかのように聞こえた。
「僕の兄は海で死んだ」
 ハビアンはバレトの顔を見た。バレトは星空を見つめ続けていた。
「僕の生まれたのはポルトって街でね。僕は兄弟の中でいっとう勉強ができたから、親は司祭にしたがった。僕もそうするつもりだった。でも、街で一番大きな顔をしてるのは船乗りなんだ。体の丈夫だった兄は憧れの船乗りになった。何しろ、ポルトじゃ市民の食べる肉は臓物ばっかりなのさ。いい肉は全部、船員の食料になる。男が船乗りになりたがるわけだよ」
 こんな話を聞くのは初めてだった。この星空はエウロウパに続いている。同じ星空の下にポルトガルもある。それをバレトは見ているのだろうか。
「たまに帰って来た兄は、星の見方を教えてくれた。目印にする恒星(ステラ)、ふらふら動き回る惑星(プラネタ)。どの季節にどの星が見えるか……でも、兄は死んだ。船の上で病気になったらしくてね。僕はその時まだ修道士だったけど、船に乗ろうと思った。兄が見るはずだった東インドを見ようと思ったんだ」
「……そうでしたか」
「親には止められたけどな。お前まで海で死ぬのかって。でも、もし死んだならそういう運命、生きて旅ができれば命を精一杯使う。それでいいじゃないかと思った」
「知りませんでした。そんないきさつがあって日本に来られたとは」
「そりゃ、まあ、どこででもする話じゃないから」
 バレトが軽く息を吐く。その両肩がいつもより小さく見えた。
「やめやめ。こんな湿っぽい話してたら老けちゃうよ。僕はもう寝る」
 わざとらしくそう言うと、バレトはそそくさと濡れ縁に上がった。真面目な話を適当なところで茶化してしまうのがこの神父の照れ隠しだということくらいは、ハビアンもさすがに分かるようになっている。
「ええ。私も休みます」
 燃え盛るように感じた心の中の炎は、今は静かな埋み火となってハビアンを温めていた。

[PR]
# by stan-nak | 2017-06-06 21:07 | 小説「ハビアン逍遥」(仮) | Comments(0)

ハビアン逍遥(仮)16

 その夜、ハビアンはレジデンシアの庭で星空を眺めた。果てもなく深い闇に、宝石のような星々が無数に瞬いている。
 あめ、つち、ほし、そら、やま、かわ、みね、たに。ハビアンは「あめつちの詞」を反芻した。
 日や月と同じく、星も大空を旅している。ひとりでに動いているのではない。お一人の方のお計らいになった完全な秩序の中で天を巡り、規則正しく季節を知らせている。あめ、つち、ほし、そら……。月、日、星の運行こそ、この世界に御作者がおいでになること、それがただお一人であることの証だ。そのことを思うと、12月の都の夜の冷気さえ我が身には無縁かのように心が燃え立った。
「なんだ、お前もいたのか。宵っ張りだなあ」
 不意に、背後から声がした。振り向くと、バレトが濡れ縁から庭に下りてくるところだった。
「パードレこそ」
「ゆうべはせっかく新月だったのに、空が曇ってたからさ」
「パードレも星がお好きでしたね」
 〝Sim〟(うん)と短く言ったきり、バレトはしばらく黙って夜空を眺めていた。
「ゴメス師の講義を思い出すよ。天文学の話をもっと聞きたかった」
 バレトがつぶやいた。準管区長のペドロ・ゴメス神父は、コレジオで天文学を講義していた。ハビアンも天草コレジオで受講した一人だ。だがゴメスはこの年の2月に生涯を閉じている。
「ええ。天寿とはいえ、残念です」
「敬愛される人に限って早く旅立ってしまう。……パウロも、ドン・アゴスチノも」
「そうでしょうか」
「違うかな」
「……いえ。もしかしたら……」
 バレトの言うことを、考えすぎだと片付けてしまうのは悪い気がした。
「……失ってから、敬愛していたと気付くのかもしれませんね」
 横で空を見上げていた顔がこちらを向いたのが分かったが、あえてそちらは見ずにいた。どんな顔をしていようが、夜陰の中では見えないのだが。
少しの間、バレトは黙っていた。
「確かに……あ、流れ星」
「え。どこですか」
「あの辺」
 そう言ってバレトが指差した先をハビアンは思わず目で追った。バレトが笑う。
「もう消えたよ」
「そうですね」
 考えるまでもないことだ。ハビアンも苦笑いした。

[PR]
# by stan-nak | 2017-05-23 23:01 | 小説「ハビアン逍遥」(仮) | Comments(0)

ハビアン逍遥(仮)15

「まことでござるの。気付きまらせなんだ」
「もしかしたら……雪月花や花鳥風月は誰が見ても美しゅうて、始終愛でられておりまらしょうず。この歌をお作りあったお方は、そうではないもの、風流とはされぬものに目を向けるお人だったのではござないか。そうならよいと思うていまらする。わたくしもそのような目を大切にしたいほどに」
 そうだ、とハビアンは思った。マリアと話すと、世界が昨日よりも一段光を増し、一段色鮮やかになると感じられるときがある。だから、ハビアンの心の中にはいつもこの人のための部屋がある。
「まことに……その通りと存じまらする。雪殿に手習いを教わる童は、仕合せがようござるの」
「いえ、そのような。わたくしはただ、何かすることがあれば良いと思うて……あとは、お代も頂けまらするほどに」
「え? ――ああ、さようでござるの」
 ハビアンが驚いた声を出し、マリアがきょとんとした。
「何か気になって?」
「いえ……ただ、あなたが銭の話をなさるのが慮外でござった」
「あら、大事なことではおりないか。実家とは言うても、縁づきもせず子もなしておらぬ者は肩身が狭うて。少しでもお足を稼いでいれば、この家にいてよいと思えまらしょうず」
「そのようなことは、お気になさらずとも。雪殿が今までお一人でおいでなのは、細川の奥方をお支えしていたためでござろうず」
 ハビアンは当然のことを言ったつもりだった。だが、マリアが答えるまでには少しの間があった。
「……ええ。さりながら、やはりどこかへ片付くのが習いでおりゃるほどに」
 話が途切れた。マリアが庭に目をやった。雀が一羽来ている。食べる物でもあるのか、何かしきりについばみながら忙しそうに飛び跳ねている。
「昨日、ハビアン殿が雪と呼んで下さって、うれしゅうおりゃった」
「……あなたが文にそうお書きになっていたほどに」
「思い出せるようにと書きまらしたのじゃ。お忘れになっているのではと思うて」
「これは、おしゃりまらするのう。忘れたりいたしまらせぬぞ」
 戯れでおりゃる。そう言って、マリアは楽しそうに笑った。この人の笑い声を久しぶりに聞いたように、ハビアンは思った。

[PR]
# by stan-nak | 2017-05-21 21:00 | 小説「ハビアン逍遥」(仮) | Comments(0)